小学校入学前の三種混合ワクチンの接種について

百日咳は新生児が罹患すると無呼吸発作を起こすことがあり、とても心配な病気の1つです。現在は、生後3ヶ月より公費での四種混合ワクチンの接種による予防対策が行われています。ただ、ワクチンによる抗体は必ずしも長期間にわたり有効とはいえないのが現状です。近年、年長児の百日咳が増えていると言われています。その予防として、現在は自費ですが三種混合ワクチンを接種することが推奨されています。年長児の百日咳に関しては、早期に診断し適切な抗生物質の投与で十分な治療効果が期待できますが、念のため、小学校入学前に三種混合ワクチンを接種すると、より安心です。
三種混合ワクチンの接種をご希望の方は、ご予約下さい。